泉美貴 医学教育学講座 教授のイラストまたは画像

最近の投稿 Recent Entries

月別アーカイブ Archives

カテゴリ Categories

ほかのスタッフ

泉美貴 医学教育学講座 教授

昭和大学国際交流センターを訪問しました

 2013年10月28日
Category;

平成25年10月24日(木曜)

 国際交流をこれから卒前の臨床教育のみでなく、大学院生や研究者および看護職などに拡大することを見越し、すでに長年の実績をお持ちの昭和大学国際交流センターにそのノウハウのご教授を賜るため、医学教育推進センター国際交流コーディネーターの永田とともに昭和大学を訪れました。
 国際交流センターの本間生夫センター長、橋本みゆき先生、三浦健係長、平泉由香様を始め、医学教育学講座の高木康教授のご出席を得て、1時間半に渡りお話を伺うことが出来ました。
昭和大学(医・歯・薬・保健医療学部)では、1年生から6年生まで年間80~90名もの学生が留学を経験するそうです。センターでは、単位互換のある正規の留学でなくとも休暇中の語学研修や研究者の渡航においてもセンターが手続きなど様々に支援されているそうです。学生はいずれの留学においても一律に、一人10万円の経済的補助が受けられます。職員も国際学会へは3回まで同様の補助を得て参加できますし、100万円の補助が支給されるサバティカル制度など、経済的な支援も充実していました。
 学生には英語教育の充実およびTOEFLなどの英語試験受験の奨励など、送り出すにあっての基準を厳格にすることによりレベルの高い学生を送り出しておられます。
いずれの内容も、国際交流を始めてまだわずか3年目の私達にとり、明日から役立つことばかりで、大変有意義でした。
皆様が通り一遍ではなく本当に優しく接して下さいました。昭和大学の学生さんや留学生の皆さんは、本当に幸せであると感じました。
 昭和大学国際交流センターの皆様、大変御世話になりました。

izumi20131024showa
昭和大学国際交流センターにて。左から、永田、橋本先生、本間センター長、泉、三浦係長

izumi20131024showa2
昭和大学国際交流センターの入る15号館。1Fがオフィスで、海外からの留学生(最大12名まで)は階上に住む。奥の建物も留学生の住居(5名まで)。

TO PAGETOP