東京医科大学 医学教育学講座 科目紹介

科目紹介

科目紹介

医学教育学分野の教員は、下記の科目を担当しています。

医学科

医学科カリキュラム紹介はこちら

<第1学年>

症候学入門
◆2症例について小グループに分かれ症例ベース(PBL)形式で学修する。グループによるディスカッション、発表に加え医療面接や臨床推論に関するシミュレーション実習や模擬患者さんとのOSCEなど医師として必要な実践的な様々な能力が要求される。グループで協力して問題解決に臨み最高のパフォーマンスを発揮してほしい。

早期臨床体験実習Ⅰ
◆入学直後から、医療面接、ファーストエイド、医師とのシャドーイング、患者とのディスカッション、外来体験、患者・家族のエスコートなど多彩な病院実習やシミュレーションを通じて学ぶ。1週間の看護実習では、一人の看護師と行動を共にする。東京薬科大学薬学部や本学看護科の学生と、シミュレーション、ディベート、症例検討を通じて、多職種連携の重要さを知る。

情報科学Ⅰ
◆授業の前半で、まず東京医科大学の IT 環境が利用できるための情報を理解し、無線ネットワーク、メールアカウント、eラーニングシステム等の設定を行い、それぞれの使用法を学ぶ。次に、著作権、個人情報保護、セキュリティ、マナー等、情報を利用あるいは発信する際に注意すべき事柄について学ぶ。授業の後半では、プレゼンテーションソフトの使い方を学び、課題研究のプレゼンテーション資料を作成する。また、研究デザインを立案し、必要なデータを収集し、統計学的に解析して仮説を検討する一連のプロセスを経験する。

<第2学年>

早期臨床体験実習Ⅱ
◆現代の医療がチーム医療であることを、本院、茨城医療センター、八王子医療センターの、放射線部、看護部、薬剤部、中央検査部、医事課、栄養管理科、臨床工学科、リハビリテーション、総合相談支援センターなどでの2週間の体験を通じて学ぶ。平成28年度から、本実習期間の最初の2日間は基礎医学の知識を駆使した症例ベースのシミュレーション演習を行う。

医療プロフェッショナリズムⅠ
◆医師としてプロフェッショナルであることは、単に医療の技術が高いとか専門性が高いあるいは研究業績が多いというテクニカルなことだけではなく倫理観、振る舞い、コミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップ、ストレス管理、状況認識力、意思決定力、態度、教育能力、グローバル化への対応、情報処理、能動的学修、生涯教育などノンテクニカルスキルが重要であることを学ぶ。医療におけるプロフェッショナリズムとは何かについて医学生として一人一人の深い考察が望まれる。

<第3学年>

医療プロフェッショナリズムⅡ
◆2年生で学んだプロフェッショナリズムの基本を踏まえ、医療の現場でどうあるべきかという視点でプロフェッショナリズムを捉えていく。医師になる段階が進むごとに,自分自身の医師としてのプロフェッショナリズムも徐々に変化していくことだろう。その時期、その時点で考え抜き自分なりに最善の答えを自分自身の行動に反映させることが目標といえる。

情報科学Ⅱ
◆医療従事者のみならず自然科学、人文・社会科学においても、統計的手法は必須なものとなってきている。最近の技術の進歩により、ノートパソコンで高速に統計情報の処理ができるようになった。情報科学Ⅱでは、世界中で使われている無料の統計解析ソフトウェア R に、医療分野で必要になる統計解析機能を組み込んだフリーソフトウェア EZR を用い、実際に統計分析・検定を行うことにより、統計的手法への理解を深めることを目的とする。

<第4学年>

医療プロフェッショナリズムⅢ
◆医療プロフェッショナリズムは、第2学年から3か年を通じて学ぶ横断的科目の一つである。第4学年ではより臨床的内容に基づいたプロフェッショナリズムとして、救急現場、医療保険制度、国籍・分化・言語・性別などにおけるダイバーシティーなどに関し、アクティブ・ラーニングを通じて学生同士で学び合う。

看護学科

看護学科シラバスはこちら

<第1学年>

プレゼンテーションの技法
◆与えられた課題に対し、統計資料や各種図表などを調査し、まとめて、それに対する自分の考えを理論的に整理し、他者にその結果について説明する効果的方法を教授する。

大学院医学研究科

大学院医学研究科修士課程シラバスはこちら

<修士課程>

医学教育学特論
◆医学教育における基本的な学習理論、学習方法やスキルの教育法、ベッドサイド教育における学習法および評価法などの医学教育に基本的な理論や技法などを習得する。

TO PAGETOP